インプラント|成田市・富里市 歯科|いとう歯科クリニック

24時間WEB予約受付

インプラント

インプラント治療は、歯を失ってお悩みの方のために、入れ歯やブリッジなどに代わる治療法として開発されました。口の中の審美性と機能性を追求した新しい歯科治療です。

インプラント治療は歯の無くなった顎(あご)の骨に、人工的な歯根を埋め込む治療です。そしてその上部に人工歯を取り付け、元の歯と同じように違和感なく食事を摂ることができるようになります。また、インプラントは顎の骨に力を加えるため、顎の骨がやせるのを防ぐ事もできます。きちんとした手入れを継続的にしていれば、治療効果が半永久的に持続するのが最大のメリットです。

インプラント治療例

インプラント治療を行うには、患者様が治療に適しているかなど精密な検査が必要になります。また、インプラント治療は手術が必要であり、埋め込んだフィクスチャーが骨にしっかりと固定されるのを待たなければならないため、治療期間も早くて二ヶ月から長いと一年近くかかる場合もあります。当院では、患者様とじっくり話し合い最も適した治療法をご提案いたします。

歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。
 
数本の歯を失った場合
数本のインプラントで支えられるブリッジかクラウンにより、機能と顔立ちが回復します。また、入れ歯の金属バネによる違和感はもちろんないため、見た目も機能も非常にすぐれています。
 
全ての歯を失った場合
従来の総入れ歯ではガタつきや発音障害、お手入れの面倒臭さなどがありましたが、インプラントを行うことで取り外す必要のない人工歯を手に入れることが出来ます。

iCAT(アイキャット)ナビゲーションシステム

当医院のインプラント治療は、より安全性の高いiCAT(アイキャット)ナビゲーションシステムを採用しております。 iCATナビゲーションシステムとは、CT画像からコンピュータ上で適正なインプラント埋入位置をシミュレーションし、さらにその結果を反映したガイド・ドリルにより、安全で精度の高い手術を実現しています。
従来の経験や勘に頼らざるを得なかったインプラント治療が、的確でより安全な治療になりました。

インプラント治療の流れ

当院ではCT撮影の上、診断を行って安全に治療します。十分なバックアップ体制のもと治療しています。

審査と治療計画
インプラント治療に必要な審査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断します。その後治療計画を立てます。

CT撮影・iCATナビゲーション
CTスキャンを病院にて撮っていただきます。これはインプラントを埋める位置を安全確実に定めるためです。その後CT撮影したデータにより、コンピュータ上で適切なインプラント埋入位置をシミュレーションします(iCATナビゲーションシステム)。

人工歯根の埋入の手術
歯の根に相当する部分インプラントの部品(インプラント体)を顎の骨に埋入する手術を行います。

治癒期間
この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます(3~6ヶ月)。
※ 治療期間は骨の質などにより個人差があります。
※ この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

アバットメントの連結
人工の歯の支台となるインプラントの部分(アバットメント)を連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

メンテナンス
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。先生の指示に従い、正しい歯磨きを心がけて下さい。定期検診を受け、インプラントの状態を先生に診てもらうようにして下さい。
24時間WEB予約受付
最新歯科機器CEREC
一般歯科
歯の根の治療(根管治療)
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
ホワイトニング
歯周病治療
口腔外科
予防歯科
訪問診療
ドクターブログ
診察時間
ケータイサイト